研究会(東京)&(次回の拡大内視鏡研究会打ち合わせ)

土曜日の勤務あと近隣のシテイホールに移動し、大学の安全対策リスクマネージャ研修を午後5時までみっちり受けたあと、東京に移動し前泊して日曜のEMR/ESD研究会に参加しました。今回のテーマは手技の標準化、偶発症対策、若手医師への指導について学びました。前勤務先の佐久病院で大腸内視鏡挿入を直接ご指導頂きました現・静岡がんセンター堀田先生のスポンサードセミナーを拝聴できました。コールドポリペクトミーを…

続きを読む

研究会(症例提示)

本日は3週間前に急遽、症例提示のご依頼を頂き症例発表させて頂きました。今月のラインナップは①食道NEC②A型胃炎③大腸神経鞘腫④EATL(当科)でした。質の高いプレゼン内容ばかりでしたので大変勉強になりました。1例1例を大切にして引き続き研鑽を積んでいきます。

続きを読む

ランチョンセミナー(大阪)

今日は内視鏡学会近畿支部例会のランチョンセミナー講師を務めました。指導しました後輩の先生方の発表もありましたが無事終了しました。かつての恩師の先生がセミナーにお越し頂き、講演内容についてお褒めを頂きましたので、これほど嬉しいことはありません。多忙な毎日が続きますが、頑張る気力を頂きました。

続きを読む

研究会(講演)

今日は新薬JAK阻害剤の使用経験について講演させて頂きました。G20国際会議、台風が接近するなかでしたが満員の参加者でとても嬉しかったです。感謝御礼申し上げます。リウマチで使用された新薬がIBD分野で応用されていますので、膠原病内科の野崎先生の講演は大変勉強になりました。

続きを読む

市民公開講座(講演)

本日は午後から院内で市民公開講座で講演させて頂きました。お題目は「大腸ポリープと大腸がんの内視鏡診療~大腸がん死ゼロを目指して内視鏡検査を思い切ってうけましょう!」でした。病院会議室に予想以上の満員(70名)でご参加頂きよかったです。配布資料が不足しました。会のあと、ご質問も沢山頂きまして感謝御礼申し上げます。

続きを読む

研究会(症例提示)

本日は大腸疾患研究会で司会の浜本先生より御指名頂き症例提示をさせて頂きました。関西の各施設から6症例の症例提示がありました。①IFP+MPS②Jenuvile polyp③colon cancer(Tis) associated with hamartomatous inverted polyp④colon cancer(Tis)⑤当院colon cancer(T1b)⑥乳癌の大腸転移でした。盛…

続きを読む

Hands on seminar (講師)

今日日曜は終日、大学構内で第9回近畿大学ESD/EMRハンズオンセミナーでした。若手ドクターの生徒さんが16名参加されました。今回の特別ゲストは京都府立医大土肥先生をお招きしてLCI診断・クラッチナイフのESD治療の講演、ハンズオンをご指導頂きました。若手ドクターの先生方が各々の病院に戻られて安全・確実に内視鏡処置が実施されますよう期待しております。

続きを読む

研究会(読影担当)

今日は早期大腸癌研究会の読影担当をさせて頂きました。2例とも通常の読影では過大治療になってしまう診断困難症例でした。①盲腸の虫垂開口部が病変中央に存在する盲腸粘膜内癌②直腸癌術後吻合部近傍に存在するSMT様形態を示す早期直腸癌でした。いかにも教科書通りにいかない症例であります。経験値が上がりました。次回は司会、症例提示の当番ですのでしっかり準備したいと思います。

続きを読む

第97回JGES(主題2例発表、司会、委員会) 品川

5/31から6/2まで第97回JGES(日本消化器内視鏡学会総会)に参加しました。今回は下部消化管、カプセル内視鏡のセッションで主題発表させて頂きました。最終日は口演セッションで司会(総会司会は初)を担当しました。AI自動診断研究は2016年から始めて結果がでているのと、カプセル内視鏡研究も2016年10月から近大に新規機種導入から携わり研究結果が出てきております。無事に諸任務を終わらすことが出…

続きを読む

DDW2019(San Diego)

5/18~5/21までアメリカDDW(消化器病学会)に参加しました。今回は自身のAI自動診断のポスター発表、大腸ポリープ内視鏡治療の共同研究の発表、会議がありました。AI関連の発表が50症例もあり、もの凄い勢いで増えてきました。他の研究者と意見交換ができてよかったです。今まで書いた論文が名刺代わりになり、相当な人からお声をかけて頂き知り合いが随分増えました。この学会は世界No1であり毎年挑戦して…

続きを読む

演題募集

当大学が主幹の研究会(第16回拡大内視鏡研究会)の演題募集が始まりました。今回はもはや日常となりつつある拡大内視鏡の現状と今後の展望に関して皆さんで再学習し、活発な討議を行いたいと思っております。多数の演題の御応募をお待ちしております。http://www.pw-co.jp/kakudai16/

続きを読む

令和元年(祖父逝去)

令和元年になり5月2日に祖父(母方)が91歳で亡くなりました。祖父は満州での戦争経験もあり、激動の時代を生き抜き、とても苦労された方です。私が小学生のときに父が急病死したので、その後、寂しさを紛らわすために、いつも出会ったときには優しく声をかけてくれて、よく参考書や本を買ってくれました。今回、連休中が幸いして祖父の子供、孫らが全員集合できたのはとてもよかったです。長い間、面倒をみてくれて感謝…

続きを読む

ロボカップ全国大会 全国3位

GW初日から息子のロボカップ全国大会でした。経済産業世耕大臣から開会のご挨拶があり、丸2日間の熱戦が行われました。息子チームは予選リーグを1位で通過しましたが、決勝リーグは機械の一部故障で苦戦となり最終順位は3位でした。今回は世界大会出場ならず(1位のみ出場可能)でしたが大健闘でした。また来年、世界大会を目指して頑張ってもらいたいと思います。 …

続きを読む

Hands on seminar

本日日曜は、梅田スカイビルでパキスタンから留学している先生と近隣施設の若手先生方向けのESDハンズオンセミナーでした。中東にも早期消化管癌の内視鏡摘除手術のESD技術が広がっていくことを願います。休日に関わらずハンズオンのセッティング頂きました関係各位に御礼申し上げます。

続きを読む

ESGE2019(プラハ)

共同研究している理工学部の半田先生とプラハでのESGE(欧州消化器内視鏡学会)に参加し口演発表は無事終了しました。沢山の質問を頂きよかったです。旧友のジョージに出会いプラハの町を案内してもらいました。番外編:帰国はマラソン大会で交通渋滞に巻き込まれギリギリチェックイン、トランジットで到着が遅れギリギリ乗継、日本行きフライトで疲れのためか振動酔でゲロ袋初使用し日本になんとか帰国できました。月曜外来…

続きを読む

論文

大腸ポリープ・大腸腫瘍の内視鏡治療関連論文が本日、World Jornal of Gastroenterology(IF 3.5)にパブリッシュしました。これで英語論文、執筆・共著合わせてちょうど40本目になります。2017年のUEGW(ヨーロッパ消化器病学会)で口演発表、2018年にIMKASID(韓国)に招待講演させて頂いたときの内容です。大腸ポリープ・大腸腫瘍内視鏡切除後の再発因子、サーベ…

続きを読む

研究会(品川)

今日は午後から品川に向かい3月の早胃研に参加しました。①早期S状結腸がん②上行結腸の内分泌細胞がん③食道胃接合部のcardiac gland hyperplastic polyp with lymphoid follicle④Collagenous gastritis⑤胃顆粒細胞腫でした。今回からでしょうか、診断動画の読影もありました。日本最高レベルの診断の全国の会の早胃研と大阪胃研とは大きなレ…

続きを読む

卒業式

今日は息子の中学校の卒業式でした。最後に担任の先生の人生で為になるお話しのあと、息子から感謝の1輪の花と御礼を頂きました。とてもサプライズでしたので感動しました。明日から海外に約2週間、ホームステイですが頑張ってきてもらいます。

続きを読む

結果

英検の結果がでました。最大目標は英語マニアの英検1級ですが、準1級と1級の新規単語暗記量は7000単語から15000単語と倍増です。細切れ時間に新出単語のブラッシュアップ、英作文、面接対策をやっていきたいと思います。来月4月上旬にヨーロッパ消化器内視鏡学会(ESGE2019)で英語で口演発表を控えていますのでモチベーションアップになりました。

続きを読む

研究会(読影担当)

今日は読影担当を御指名頂きましたので代表で診断させて頂きました。十二指腸がんの症例で、おおよそ診断は合致しておりました。本日の症例のラインナップは①胃型腺腫(近大から提示)②導管由来の食道腺腫③早期十二指腸癌(ブルンネル腺で持ち上げられた:ブルンネル腺由来ではない)④直腸lymphoid follicular hyperplasiaでした。今月、これよりハイレベルの早期胃癌研究会(東京)がありま…

続きを読む

講演(堺)

今日は午後から堺市医師会館で「炎症性腸疾患と大腸がんの最新の治療選択」について1時間講演をさせて頂きました。地域の先生方と活発なディスカッションでき良かったです。地域の先生方のお顔が分かりましてますますご紹介しやすくなりました。地域連携のネットワークを密にしていきたいと思います。

続きを読む

セミナー(東京)

土曜に東京に移動して前泊して内視鏡指導医資格の更新に必要な重点卒後教育セミナーに参加しました。テーマは上部消化管ですが、朝から夕方まで最新診断・治療法についてup-to-date 情報を取得できました。

続きを読む

新・運営委員

この度、IBDセミナーの新・運営委員に御指名頂きました。今年7月第3土日に泊りがけでIBDの専門医が150人集まって行う会合です。いままで都合が合わずこの会に参加したことがなかったのでどういうスタイルなのかが分からず不安なところです。厳正なる症例検討で近大の症例が議論ケーズの1つに選ばれました。当日の業務は司会補助になりました。良い議論ができますよう十分な準備をしていきたいと思います。

続きを読む

セミナー(一般講演)

本日は伝統ある関西腸疾患セミナーの一般講演させて頂きました。示唆に富む一例でガイドラインにもの申す症例の報告でした。発表のあと反響があり6月の他のセミナーでの発表のご依頼を頂きました。会のあとはクローズの懇親会があり会長先生、重鎮の先生方といろいろお話しできて勉強になりました。明日土曜は早朝からレクチャーがありますので帰宅してからスライド準備です。

続きを読む

資格試験(奈良)

日曜は久しぶりのお休みで、息子と英検を受験しました。これまで留学のためにIELTS資格が必要で何度か受験したことがありますが(ベストバンド6.5)、今回は英検に初挑戦です。英検も近年、WritingとSpeaking(面接試験)部門が加わっています。Reading、Writing、最後にLitsteningの2時間半連続(休憩なし)の試験でした。日頃の疲労で、最終のListeningで集中力が切…

続きを読む

IBDセミナー(東京)

土曜勤務のあと、東京に向かいIBDセミナーに参加しました。バイオ製剤のバイオシミラーに関して知見を深めました。留学していたエラスムス大学のCJ. Woude先生のオランダでのバイオシミラーの状況についての講演を拝聴しました。将来を見越して医療経済についても考慮しながら治療することも大切で、オランダでは医療制度の違いもあるかと思いますが、95%がバイオシミラーということで驚きでした。会終了後、明日…

続きを読む

研究会(京都→大阪上本町)

木曜、金曜は京都で開催されています大腸癌研究会に参加しました。初日は委員会に参加し、多施設研究の内容を確認しました。2日目は当施設内科・外科から大腸癌治療について2題発表がありました。最新の大腸癌治療の知見を学びました。研究会が終わってから上本町に移動しIBDカンファレンスがあり、2月から保険収載されるNUDT15キットを発明された東北大学角田先生の講演を拝聴しました。その後の懇親会でいろいろお…

続きを読む

大阪 IBD conference(症例発表)

今週の月曜外来も60人近くの患者さんの受診でしたので疲労気味のスタートです。水曜は早朝出勤して昼食抜きで午後4時までに仕事を終わらせ、近大工学部に向かい研究会議、そのあと上本町に向かい研究会で好酸球性胃腸症のIBD症例を発表させて頂きました。今日は5分刻みのスケジュールでした。この症例はステロイドは効きますが減量できない症例で、また腸管以外のアレルギー症状も高度で体全体の病勢コントロールが困難な…

続きを読む

セミナー(講師)

本日日曜は南大阪大腸内視鏡セミナーで講師を務めました。近隣の施設から若手ドクター10数名がエントリーされ招聘ドクターは京都第2赤十字病院の河村卓二先生でした。RSの越え方のレクチャーは分かりやすかったです。最近の大腸人工練習モデルは精巧にできており、易症例から難症例に調節できます。患者さんに苦痛のない大腸内視鏡を実施できるテクニックをコーチさせて頂きました。

続きを読む

大阪府医師会学術講演会(司会)

本日午後から同門の辻教授の「胃癌の内視鏡検診について」のテーマのご講演の司会を担当させて頂きました。これまで胃癌検診に携わったことがなかったので、現状についていろいろ調べまして大変勉強になりました。バリウム検診から内視鏡検診に代わってきております。内視鏡検診は医師しか実施できないので、検査実施の問題、検診となればダブルチェックの問題もあります。会場から多数のご意見を頂いて盛り上がりました。無事に…

続きを読む

大阪胃研(症例発表)

今日は当施設から症例発表をさせて頂きました。今年1回目です①IgA血管炎(当科症例)②バレット食道腺癌③大腸癌と日本住血吸虫症④食道癌(肉腫と扁平上皮癌)の症例でした。佐野村先生の大阪胃研勉強法のレクチャーは大変参考になりました。当科症例は原因不明の重症腸炎で入院され診断に難渋し治療に迫られました。この会で臨床・病理側の両方の見解からもIgA血管炎と承認を得ることができました。現在、患者さんも無…

続きを読む

謹賀新年 同門会 2019年目標

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。1月の初日曜は当科の同門会でした。関連病院の先生方も含め医局員の皆さんと意見交換ができました。ところで今年の目標です①英語論文作成(計50本)②AI研究の発表・論文作成③カプセル内視鏡研究の発表・論文作成④拡大内視鏡研究会の開催運営(事務局長を拝命)⑤今年度の研究費獲得⑥研究会立ち上げ(working group)⑦教育業務の充実(O…

続きを読む

2018年反省

2018年の目標の見直しです。①研究費獲得○②英語論文総数50本×(37本)③主論文5本完成×(3本)④前向き試験新規企画3件○⑤下の先生方の教育指導体制の充実○(OSCE業務の増加と理想の上司にランクインしました)⑥司会業務○(4回)⑦講演・講師業務○(5回)⑧基礎的研究(腸内細菌関連)、臨床研究(AI 関連)の継続実施○⑨合格率60%の難関の総合内科専門医試験パス○でした。概ね目標に到達する…

続きを読む

2018年論文

2018年の論文です。 1. Gankyrin Contributes to Tumorigenesis and Chemoresistance in Sporadic Colorectal Cancer. Sakurai T, Komeda Y, Nagai T, Kamata K, Minaga K, Yamao K, Takenaka M, Hagiwara S, Watan…

続きを読む

忘年会 初ランキング入り!

今日は消化器内科の忘年会でしたが当直業務に当たり不参加です。忘年会では毎年恒例のランキング発表があり「理想の上司ランキング2位」に初ランクインされていたと聞きましてとても嬉しかったです。日頃の疲れがふっとびました。 ところで、英語論文レビューの依頼(論文が出版されて良いかどうかを評価する仕事)がきて今年で14本目(世界各国の出版社)になります。レビューの仕事は期限もあり大変ですが勉強になります…

続きを読む

研究会(ディスカッサー)

兵庫医大中村教授の御指名で研究会のディスカッサーとして参加させて頂きました。テーマはIBD治療に関してです。関西の代表施設の同世代の先生方々と熱く議論できたのでは大変勉強になりました。免疫調節剤の投与方法はほんとに奥が深いです。今日の経験をこれからの診療に活かしたいと思います。そのあとは懇親会に参加し重鎮の北里研究所病院日比教授と直接いろいろお話しできましたのは貴重な一日でした。いろいろお取り計…

続きを読む

内視鏡ライブセミナー(近大)

今年も最後のイベントの内視鏡ライブセミナーでした。埼玉医大の野中先生、田島先生、和歌山日赤の赤松先生、中谷先生、愛知がんセンターの原先生をゲストにとり行われました。今年もメインディレクターでしたが、ほぼ時間通りに運用することができ無事に会は終了しました。昨年に比べて全体像が把握でき、カメラワーク(切り替え)も余裕をもってできました。今年の大きなイベントはこれで最後になります。12月も残り少しです…

続きを読む

研究会と世話人会、忘年会

今日は関西早期大腸癌研究会に参加しました。本日も大変勉強になる提示2症例でした。各診断デバイスを駆使して内視鏡摘除可能か、あるいは外科摘除すべきかどうかをきっちり診断し、過不足のない治療を目指すべきであると思いました。今日は世話人の先生方で会議のあとに忘年会でした。関西の大腸専門のコアな先生方といろいろお話しできてとても楽しかったです。来年度にまた司会担当が当たっていますので頑張ります。

続きを読む

OSCE評価者講習と内科専門医試験結果

今日日曜は朝から兵庫医大でOSCE評価者講習でした。これから医学生は医師国家試験にくわえ、実技(OSCE)も大事な試験になり、これをクリアしないと臨床現場に出れません。診察技能をきっちり審査するための評価者講習です。夕方5時までありましたが、厳正なる審査ができますよう参加の先生と議論しました。その後に、その指導医資格で必須の総合内科専門医の合格通知が届きました。勉強する時間がなく厳しい戦いでした…

続きを読む

非常勤講師の今年度授業終了(城東区)

本日で外勤で務めています消化器授業は終了です。90分×3コマで消化器全域(消化管、胆膵、肝蔵)を教えないといけないので時間は本当にカツカツです。指定教科書は482ページです。4限目の最後なので今回はときどき講義の間に息抜き質問をしながら眠気をリセットするようにして進行しました。今年で2回目なので少し余裕ができ時間配分をうまく調節できるようになりました。もともと教師になりたかったこともあるので、授…

続きを読む

研究会と試験監督(東京)

今月の大阪胃研は①胃のSMT様の乳頭腺癌②胃MALTリンパ腫③ブルンネル腺由来の十二指腸癌④直腸のSMT様の腺癌で、いずれも稀なSMT様形態を呈す癌で大変勉強になりました。コメント発言もさせて頂きました。次回1月の症例提示の御指名を受けましたので準備したいと思います。週末土日は東京で当大学推薦入試の試験監督でした。部屋の責任者でしたので急な問題訂正もありましたが大きなアクシデントなく終了しほっと…

続きを読む

学会と会議(東京)

土曜は東京に向かい専門医取得のために大腸肛門病学会に出席参加と日曜は朝から夕方まで研究会議に参加でした。まず学会ではAI関連研究、ロボット手術の演題が少しずつ増えてきておりました。日曜はIBD関連の大規模研究の会議でした。新規ドラッグの承認をもらうにはとてつもない作業行程があります。少しでも早く患者さんの治療選択肢の一つになりますようきっちり進めていくしかないです。今からまた大阪に戻ります。

続きを読む

学会等々(神戸)

今年のJDDWは主題発表のみエントリーしていたため落選し発表なしの参加です。一般演題にも出すべきできした。多施設研究の会議と来年度の拡大内視鏡研究会の事務局(長)を拝命し打ち合わせを行いました。研究会の事務局運営を行うのは初めてですので緊張です。早速、年内にいろいろすべきことがありますので遅れないよう進めていきます。最終日の日曜は教育講演会に1日出席して終了しました。今年度の科研費申請もバージョ…

続きを読む

初書籍(分担執筆)

これまでいくつか雑誌の執筆はありましたが、今回、近畿大学のスタッフで書き上げた教科書(初の分担執筆)で本日発売です。大腸部門を一生懸命書きました。最新情報ができるだけ入っており、シンプルにまとめています。ご購入頂けましたら幸いです。早速、ローテーションで回ってくる研修生に推薦しております。 11月で初版がすべて売り切れました。ご購入頂き有難うございます!増刷出版中です。

続きを読む

他大学授業とIBD研究会

月曜は朝から午後6:30までの外来診察のあと、そのまま当直をして帰宅したのは水曜日付になっておりました。2日で2時間しか寝ていないので疲労は蓄積気味です。水曜は午前勤務のあと午後から城東に移動して非常勤講師を務めています他大学の消化器講座①(90分)と、そのあと上本町に移動して世話人を務めているIBD研究会(90分)に参加しました。授業で寝る生徒さんはほとんどなく皆さん熱心で感心しました。IBD…

続きを読む

研究会参加と誕生日

今日は土曜勤務のあと、二木会に初参加しました。大腸内視鏡検査の挿入法を極める会です。大腸内視鏡は技術の有無で患者さんの苦痛が随分変わります。現状に満足せず、さらなる極みを目指していきたいと思います。今日は大腸癌検診、肛門病変のレクチャーで見識を深めました。今日はまた誕生日でしたので、その後は家族とゆっくり過ごすことができました。 二木会メンバー

続きを読む

抗がん剤セミナー(東京)

今日は3連休の初日ですが、朝から東京に移動して大腸癌・胃癌の新規抗がん剤の使用について勉強しました。多種の薬剤をうまく使いきること、副作用マネージメントがとても大切です。非常に有意義なセミナーでした。早速、臨床に活かしたいと思います。東京駅周辺に会場があり、散歩すると東京駅も様変わりしておりました。

続きを読む

研究会と送別会

今日は南大阪UC治療セミナーで小発表とコメンテーターでした。他施設の5ASA製剤処方例、バイオマーカーの取り扱いなど伺い大変参考になりました。前施設(若草)でご指導頂いた兵庫医大中村教授と久しぶりにお話しができてよかったです。分かりやすい特別講演でした。その後は台湾からの留学生Ho先生の最終日ということで送別会を行いました。

続きを読む

消化器病学会支部例会 司会(大阪)

今日は大阪上本町で朝から小腸セッションの一般演題の司会でした。私も経験のない症例があり大変勉強になりました。このセッションは優秀演題賞を選ばなければならないのですが、発表者のレベルが高く選ぶのに苦労しました。明日日曜はハンズオンセミナー講師の予定でしたが、巨大台風がくるということで急遽中止になりました。無事に台風が過ぎ去ることを願ってます。

続きを読む

大学合同カンファレンス(堺)

本日日曜は和歌山医大の先生方と近大スタッフとで第2回合同カンファレンスが開催されました。消化管、肝蔵、胆膵系の各施設から研究発表を行いました。計3時間半の長丁場でしたが大変議論が盛り上がりました。そのあとの懇親会でも同じ専門の先生方とコミュニケーションがとれてよかったです。近い将来、共同研究ができましたらと思います。明日月曜祝日は一日当直です。

続きを読む