アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Komeda Y Blog
ブログ紹介
教員(助教)と社会人大学院生(3年生)のハイブリッドです。消化管(とくに大腸/小腸)の内視鏡診断・治療/カプセル内視鏡/炎症性腸疾患IBD/進行大腸癌・胃癌の抗癌剤治療を担当しています。日々の記録のブログです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
科研費申請
科研費申請 今年の大きな目標の一つの科研費申請の締切が近づきました。科学研究費助成事業のことで、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピアレビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。調べると若手研究の応募枠に来年3月までが最初で最後のチャンスです。なんとか締切までに完成させて提出の予定です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/16 23:55
ブログ11周年&他校で初授業
いつの間にかブログ開設11周年になりました。今週は大阪信愛女学院で初授業をさせて頂きました。大学では医学部5回生10人毎のグループに1時間の授業を行っていますが、今回90分の授業で100人以上の生徒さんの前でしたので緊張しました。無心でしゃべりまくり5分オーバーで終えることができました。仕込んでおいた笑い(オチ)のところも反応がよかったのでホッとしました。また再来週もありますので頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/04 22:40
外来
大学で毎週土曜日午前に消化管の専門外来を担当させて頂いております。最近は平均40人以上になり病院会計が閉まる午後3時いつもギリギリです。本日も46人の方でした。土曜は担当の医療クラークさんがおられないので効率が悪く、患者さんをお待たせするのが長くなりとても気の毒なところです。これは病院システムの問題ですが、改善できますよう少しずつ働きかけていきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/16 23:06
大阪胃研 症例提示
大阪胃研 症例提示 本日は下の先生と一緒に症例提示をさせて頂きました。実際に下の先生と一緒に担当した患者さんで診断困難な腸炎のため難渋し、最終的に患者さんに同意を得て診断的治療でうまく治癒した症例です。大御所の先生方からもコメントを頂きましたが経験のないパターンとのことでした。会場に来られた先生方が、同じ症状の治療の患者さんに少しでも参考になって頂ければと思います。引き続き1例1例きっちり煮詰めていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/13 23:18
非常勤講師依頼
非常勤講師依頼 大阪信愛女学院短期大学看護学科より非常勤講師のご依頼を頂きました。本年度より消化器分野全般の講義90分3コマを担当させて頂くこととなりました。現在は各分野の医療が発展し医学部卒業後の15年前と違って医学の情報量はとてつもなく増えております。今回、消化器全分野を270分ですべて教えるご依頼で、簡単ではないですが病気・病態の理屈を理解してもらって丸暗記に頼らない勉強ができる効率的な講義を目指して頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/31 22:26
班会議(東京)&ハンズオンセミナー講師(大阪)
班会議(東京)&ハンズオンセミナー講師(大阪) 8月中旬に入り猛暑が続きます。11日は東京のがんセンター中央病院での班会議に大学代表で1日出席しました。帰りは盆休みの帰省ラッシュに巻き込まれチケットを取得することができず、すし詰め状態の新幹線自由席で大阪まで立ち乗りでした。帰省ラッシュを甘くみていました。反省です。20日日曜は朝から豚・牛を使ったESDハンズオンセミナー講師を務めさせて頂きました。8月ですが、ボチボチの忙しさです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/20 23:53
招待発表(稀腸研究会)
招待発表(稀腸研究会) 会長の大川先生よりご推薦頂いて潰瘍性大腸炎経過中に腸管症型T細胞リンパ腫を発症した症例を発表させて頂きました。診断法についていろいろ会場の先生方と議論ができてよかったです。なかなかのマニアックさでありました。疑問に思っていたところも解決できてよかったです。今回は腸管のリンパ腫がテーマでしたが、診断困難な腸管リンパ疾患の診断・治療の経験値を増やすことができました。日々の臨床に活かしたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/05 23:19
UEGW2017 口演発表通過
UEGW2017 口演発表通過 左のメールが届きました。今年のUEGW(ヨーロッパ消化器病学会)ではじめて口演発表に選ばれました。今回で4回目の応募になります。目標の一つでしたのでとても嬉しかったです。時期は今年10月末で場所はスペインですが、患者さんの診断・治療にとって有益な良い研究発表になりますようまとめたいと思います。あとはテロが起きないことを願うばかりです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/06 23:32
共同研究論文アクセプト
ギリシャで毎年、招聘参加(現在まで計5回)させて頂いていますESDハンズオンセミナー関連の共同研究論文がパブリッシュしました。ハンズオンセミナーの有用性を示した論文です。日本発信の内視鏡技術が徐々に海外に広がってきております。海外で低侵襲な内視鏡治療が受けれる機会が増えてきていますので嬉しいことです。 論文のリンク先は次をクリックしてください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/29 21:11
学会業務終了
学会業務終了 イタリアからの帰国便が急に欠航になり、慌てて違う便のチケットをなんとか購入でき、学会までに帰国することが出来ました。こういう事態は初めてで良い経験になりました。今日は朝から神戸ポートピアで内視鏡学会近畿支部例会でした。午前中は胃のセッションで司会、昼は評議員会、午後は後輩の主題発表のサポートでした。血液疾患に関連する胃病変のセッションで議論は難しかったですが無事終了しました。午後からの発表は、展開が難しかったようで、もう少し分かりやすい内容にすべきであったと反省です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/17 23:18
講演終了(イタリア)
講演終了(イタリア) イタリアでの20分の講演も無事終了しました。海外では日本と違いマシンガンのごとく質問されましたが、質問されたときに、もう少し気の利いたコメントができないものかといつも反省です。まだまだ余裕がありません。今週土曜は内視鏡近畿支部例会の司会と後輩の主題発表のアシストがありますので今から帰国します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/13 23:56
ハンズオンセミナー(講師)
ハンズオンセミナー(講師) 朝から夕方まで豚胃を用いたハンズオンセミナーでした。ゲストの和歌山医大から来られた井口先生のピロリ菌関連の講演はとても勉強になりました。今から大腸LSTの診断・治療についての講演のため、本日夜の便でイタリア・ローマに向かいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/11 17:55
論文アクセプト
潰瘍性大腸炎に合併した腸管症関連2型T細胞リンパ腫(A Case of Type II Enteropathy-Associated T-Cell Lymphoma in a Patient With Ulcerative Colitis)の論文がAmerican Journal of Gastroenterologyにパブリッシュしました。リンク先は次をクリックして下さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/08 23:02
DDW(シカゴ)&内視鏡学会総会(大阪)
DDW(シカゴ)&内視鏡学会総会(大阪) 5/6よりシカゴで開催のアメリカ消化器病学会週間(DDW)で研究発表、5/10に大阪に戻り内視鏡学会総会で主題で研究発表をしました。海外の先生から沢山質問を頂き嬉しかったです。これからも有益なインパクトのある研究結果が残せるよう努力していきたいと思います。あとは週末土日は終日、専門医・指導医資格の更新で必須の内視鏡セミナーとC-PAC多施設研究、Enhanced-JED会議に参加して学会期間はあっという間に終了です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/11 23:10
早胃研4月(品川)
4月の症例は@大腸粘液癌A肛門管癌B転移性胃癌(乳癌)C低異型度完全腸型胃癌D表在型食道癌でした。なかなかタイト勤務のなか毎回の参加は難しいですが、できるだけ勤務調整をしてこれからも参加して勉強していきたいと思います。朝一番の6時台のフライトで関西に戻ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/26 23:37
社会人大学院3年目
社会人大学院3年目を迎えました。早期修了を目指して研究内容をまとめていきたいと思います。仕事面では内視鏡センターのリスクマネージャーになり、医学生の授業も担当することになりました。今年は新たに初期研修卒業の先生が7名と中途入局の先生が3名入局されました。一歩一歩教育指導を進めていければと思います。5月連休はアメリカ消化器病学会(シカゴ)、日本内視鏡学会総会(大阪)での研究発表、附置研究会の症例スライドの作成で今回は連休はありませんが頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 23:58
学会発表・カプセル内視鏡セミナー(名古屋)
名古屋で開催された消化管学会で大腸内視鏡治療後のサーベイランスについての主題発表と翌日のカプセル内視鏡セミナーに参加しました。発表についてはとても議論が盛り上がり白熱しました。最終的にセッション内で優秀演題候補になり審査待ちです。今年5月にアメリカDDWでさらにバージョンアップして発表予定ですので頑張ります。カプセル内視鏡についても最先端の研究についてup-to-dateできました。新たなカプセル内視鏡のリサーチを数件立ち上げる予定です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/19 23:03
ギリシャ 国際ハンズオンセミナー(講師)
ギリシャ 国際ハンズオンセミナー(講師) 2月3日-4日にギリシャ・アテネで開催された第5回国際内視鏡ハンズオンセミナーに講師として参加しました。今回で5回目になります。参加者は30人/日×2日間で約60名程度になります。毎年参加される先生もおられて技術レベルの向上が分かりました。ギリシャではLiveのブタを用いてされるのでより実践的に学べます。朝9時〜午後6時までと長丁場ですが、あっという間の2日間でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/06 23:11
大阪IBDカンファレンス(症例提示)
現在治療進行中のMDS関連腸炎(トリソミー8なし)の症例を提示させて頂きました。私自身の経験もはじめてで稀な病態ですが、各施設でも数例程度の経験でした。今後の治療について議論しましたが、高齢のため根本的治療の骨髄移植や抗癌剤治療が困難のため積極的治療が難しいですが、対症療法中心に症状が改善するようできうる治療範囲で進めていく結論になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 22:05
大腸内視鏡挿入セミナー(講師)
大腸内視鏡挿入セミナー(講師) 約20人くらいの参加者で、小グループに分かれて正午から夕方まで指導させて頂きました。患者さんが苦痛のでない大腸挿入法である軸保持短縮法を中心に勉強して頂きました。腸を折りたたんで挿入していく感覚をモデルを使ってマスターして頂きました。後半には皆さんスムーズに挿入されていました。明日からの診療に役立って頂けましたら幸いです。次は2月2日から内視鏡治療の講師でギリシャ出張です。さらなる良い指導ができますよう頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/22 23:04
大腸カプセル内視鏡読影セミナー
大腸カプセル内視鏡読影セミナー 今日は新大阪で朝10時から午後5時までみっちり勉強しました。大腸内視鏡検査が、癒着などで苦痛が強い方など検査実施困難なケースが主な適応になります。前処置はまだまだ検討段階です。当施設でも独自メニューで試行錯誤中です。カプセル内視鏡はこれからの大腸スクリーニングの検査ですが少しずつ当院でも進めていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/15 21:33
論文アクセプト
大腸小ポリープ内視鏡治療のコールドポリペクトミーとホットバイオプシーの前向きランダム比較試験の論文がパブリッシュしました。私自身、大学院に入学して初めての前向き検証研究で大学院の学位論文になりました。また現在同時にコールドポリペクトミー手技に関する多施設研究が2件走っていますのできっちり遂行していきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/14 23:49
大阪胃研1月
今日の症例は@リンパ管侵襲高度の低分化腺癌AAL型アミロイドーシスBCMV小腸炎Cランタン沈着の胃・十二指腸粘膜でした。Bに関しては十二指腸の白色絨毛粘膜がCMV所見に合致せず、別の疾患の存在が疑われました。レクチャーは関西労災の太田先生で抗血栓剤服用中の大腸ポリープ治療の講演でした。非常にコンパクトにまとめられていて分かりやすかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/11 23:19
謹賀新年2017
明けましておめでとうございます。今回の正月休みはほとんど当直業務で終了しました。幸い関わった患者さんの状態は皆さん経過良好です。ところで今年の目標を掲げます。@当施設に来て論文を数本書けたので研究費申請(大目標は初の科研費AMED申請)A今年度(H29)は社会人大学院3年目で早期卒業準備B内視鏡安全リスクマネージャの新業務C主研究論文4本作成D英語論文数トータル20本越えEパテンシー・大腸カプセル内視鏡検査装置の当院導入です。今年もどうぞよろしくお願い致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/03 23:33
忘年会
忘年会 今年の忘年会も終わり今年一年の目標を振り返ってです。@DDW(サンディエゴ)/ UEGW(ウイーン)/ JDDW・APDW(神戸)で発表○A総会のシンポジウム・ワークショップで発表○B早胃研の症例提示初○D大阪胃研の読影委員の仕事○E支部例会の司会○F班会議参加○G研究会の世話人業務(2つ)H英語論文作成(主論文3本 in press, 共著8本)。今年一年お疲れ様でした。良いお年をお迎えください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/31 23:11
論文
2016年の共著論文です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/24 22:10
早胃研12月(品川)
早胃研12月(品川) 本日の症例は@早期大腸癌(SM2)A分類不能型腺腫B直腸粘膜脱症候群(MPS)C十二指腸ブルンネル腺過誤腫(過形成)D胃型腺癌でした。毎回、経験したことのない症例で勉強させて頂きました。早くも今年もあと数日になりました。あとは締切を過ぎた次版のレジデントマニュアルの原稿を年内に仕上げたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/21 23:12
内視鏡ライブセミナー
内視鏡ライブセミナー 本日は当大学主催の第6回関西内視鏡ライブセミナーでした。300人以上の方にご参加頂きました。大きなアクシデントなく無事終了し、ほっとひと安心です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/11 23:14
内視鏡ライブ前夜祭
内視鏡ライブ前夜祭 内視鏡界の重鎮の先生方といろいろお話しでき楽しいディナーでした。記念のワンショットです。明日の内視鏡ライブセミナーを頑張ります! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/10 22:39
支部例会(パネル発表)京都
朝一番より京都に向かい内視鏡学会支部例会に参加し、大腸内視鏡治療後のサーベイランスについてパネルディスカッションで発表しました。当大学の約4000件の検討により、大腸ポリープ切除後、腺腫・粘膜内癌では半年〜1年後の再検査がベターで、早いうちに再発病変を発見すると内視鏡追加治療可能です。粘膜下層浸潤癌ではリンパ節・遠隔転移の可能性があり半年ごとにCT・腫瘍マーカーなど検査も含めて必要です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/26 22:39
班会議(東京築地)
班会議(東京築地) 本日は教授の代理で国立がん研究センターでの班会議に参加しました。これから始まる多施設研究についての話合いで午後7時に終了しました。 病院のすぐ裏には話題の1930年から創立の東京築地の市場がありました。帰りの新幹線で明日の発表のスライド作成ができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/25 23:43
1000人突破
いまの大学病院にきて2年半になりますが、担当入院患者さんの退院サマリー記事が早くも1000人を越えました。思ったより多くの方を診させて頂いております。今週金曜は東京で国立がん研究センター病院で初参加の班会議(JNET/JPS会議)、今週土曜は近畿支部例会での大腸腫瘍のサーベイランスについてのパネル発表がありますので頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/22 23:21
早胃研11月(品川)
今回は@バレット食道癌A特殊食道癌(Basaloid+SCC)B異所性胃腺からの胃癌CEATL type2(腸管症関連T細胞リンパ腫)DNET(G2)(神経内分泌腫瘍)でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/16 21:50
研究会
研究会 今日はコールドポリペクトミーの多施設研究の結果報告会でした。予想の結果が本当に出てよかったです。うちの大学からも結構、症例を登録できてよかったです。2次会の懇親会では主導研究者の京都第2赤十字病院の河村先生をねぎらいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/15 23:52
大阪胃研11月
今日は夕方に胃静脈瘤破裂の方が来られたので内視鏡的硬化療法の後に、スタッフともに梅田に向かい2例目からの参加です。ARectal Tonsile BSMT様の胃癌(リンパ球浸潤癌 EB陰性)B漢方内服による特発性腸間膜硬化症でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/09 23:29
APDW & JDDW2016(神戸)
APDW & JDDW2016(神戸) JDDWとAPDWで3つの発表を行いました。初めての英語でのオーラルプレゼンでしたが無事終了しました。APDWのセッションで近畿大学より中継で内視鏡ライブを行いました。教授の大腸ESDと自治医大の矢野先生の小腸内視鏡手技でした。そのあとは大腸癌化学療法・カプセル内視鏡のセッションで新しい情報をアップデートしました。学会終了後は同世代のESDを専門される先生方の集まり(惑わずの会)に参加しました。業界を引っ張るリーダー格の先生方といろいろお話しができて大変刺激を受けました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/04 23:58
研究会(神戸)
研究会(神戸) 今日は外来のあと神戸に向かい、新潟神戸拡大内視鏡研究会に参加しました。セッションの後半からの参加でしたが、内視鏡画像から腺管の3Dのイメージが浮かんでくるくらいの内容でした。そのあとは場所を移動して懇親会があり、いろいろ情報交換ができてよかったです。来週は神戸でJDDW(日本消化器病関連週間)・APDW(アジア太平洋消化器病週間)で3つの発表があります。今回は、はじめての英語の10分間の口演発表ですので頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/29 22:18
IBDカンファレンス
本日は上本町の都ホテルに向かい、世話人をしていますIBDカンファレンスに参加しました。今回は生駒胃腸科肛門診療所の増田先生の症例を検討させて頂きました。非常に治療困難な症例で、対応についてディスカッションが盛り上がりました。これらの議論は全く教科書にはない内容で、大変勉強になりました。日々の診療に活かしたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/26 22:17
誕生日
誕生日 ヨーロッパの学会から帰国して家族に誕生日会を開いてもらいました。42歳になり本厄です。健診データの赤字が目立ってきました。40歳を越えましたので当直明けなど過労で体調の悪いときもありますし、もともと高度の近視なのに老眼症状も出てきました。もう少し健康にも気をつけていきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/20 23:25
UEGW2016(オーストリア)
UEGW2016(オーストリア) 10/15-10/20までオーストリア・ウィーンで開催されたヨーロッパ消化器病週間でコールドポリペクミーの有用性を発表してきました。夜は教授の知り合いのイタリア・ロシアの先生方と会食させて頂きました。同世代の先生方の素晴らしい研究発表を聞き、大きな刺激をもらいました。名案が閃いたので即行動です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/19 23:16
ブログ10周年
2006年10月から始めたブログもいつの間にか10周年になりました。診療・研究・教育の3本柱で邁進中です。今月より消化器内科の病床が75から90床増床になり、さらに多くの入院患者さんをみることができるようになりました。また研究内容も少しずつまとまってきたので現在2本の研究論文を投稿中です。主任教授より今年は4本の論文作成の指示がでていますので、年内に残り2本をまとめたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/09 12:24
早胃研(東京)
今回の症例は@虫垂重積AIgG4関連腫瘍B早期食道癌CDLBCLの胃病変Dスキルス胃癌でした。診断が一筋縄にはいかない症例ばかりで勉強になりました。これからも1例でも多く経験を重ねていきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/21 23:29
トリプルヘッダー
トリプルヘッダー 今週末は大阪で消化器病学会近畿支部のシンポジウムの発表(拡大NBI観察の統一分類の検討)、その後、東京に移動して大腸IIc研究会の発表(non-lifting singを呈したLST-NG病変)、また大阪に戻り和歌山医大北野教授の就任パーティーでした。とてもタイトなスケジュールでしたが、遅刻せず無事に発表も終わりました。とっても濃い1日でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/18 23:33
市民公開講座2
市民公開講座2 本日土曜は大腸癌の市民公開講座で500名の方が参加されておりました。消化器内科(内視鏡)、外科、腫瘍内科、緩和、栄養科のエキスパートがレクチャーされました。現在は診療・治療ガイドラインがあり、ある程度までは決まったレジメによる診療・治療になりますが、それ以上のパフォーマンスのところは経験に基づいた、いわゆる匠の技と思います。そういうのを提供できますよう努力しなければなりません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/10 21:25
市民公開講座
市民公開講座 本日日曜は当科が主催する日本消化器病学会近畿支部市民公開講座でした。100数名の方が来られてました。病気を知ってもらい、早期発見・早期治療に努めます。この地道な活動をこれからも続けていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/28 23:31
最終日
最終日 あっという間に10日間が過ぎ最終日となりました。診療の合間に日本のガイドライン・診断についてレクチャーしました。最後の祝日に観光をしてギリシャに帰国となりました。将来、研究などでコラボレーションの約束しました。Good Luckです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/10 23:25
国際テレビカンファレンス
国際テレビカンファレンス 海外の大学との国際テレビカンファレンスでした。偶然、留学時の同期が合わせて4人(Zach・George・Dimitoris・Masa)も出ていたのでびっくりしました。世間は本当に狭いです。これからますますこういうカンファレンス形式が増えていくと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/09 21:28
Hands on Seminar
Hands on Seminar 本日日曜はクローズのハンズオンセミナーでした。留学生にみっちりESDトレーニングをしてもらいました。最後にはESDをすべて完遂できるようになりよかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/07 23:22
留学生来日
留学生来日 イギリスに留学していたときのギリシャ出身のかつての同僚二人が当大学に留学で来日しました。早速、初ラーメンに連れていきましたが、最高のパスタだと感激していました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/31 20:45
研究会(稀腸)
研究会(稀腸) 共同演者として参加予定でしたが、会場に向かう途中に病院より内視鏡処置の緊急コールがあり病院に戻りました。治療難易度が高く、判断に迷うきわどい処置でしたが治療はなんとかうまくいき無事終了しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/30 22:27

続きを見る

トップへ

月別リンク

Komeda Y Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる