アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Komeda Y Blog
ブログ紹介
大学教員(助教)と社会人大学院生(3年生)のハイブリッドです。胃腸専門で消化管腫瘍の内視鏡診断・治療ESD/抗癌剤治療/炎症性腸疾患診断・治療を主に担当しています。日々の記録のブログです。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
実技講師
実技講師 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/21 20:10
講演
講演 近大での潰瘍性大腸炎におけるリアルダ製剤の活用法の小講演とパネルディスカッションをさせて頂きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/18 23:21
早胃研1月(品川)
火曜当直のあと品川に向かい早胃研に参加しました。  @胃底腺型胃癌A胃神経周膜腫B小腸GISTC濾胞性リンパ腫D薬剤性潰瘍でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/17 23:28
同門会(講演)
同門会(講演) 本日日曜は消化器内科同門会「為成会」でした。今回、学位論文の講演をさせて頂きました。たくさんのご質問を頂き嬉しかったです。また会の最後に毎回恒例の2017年の工藤賞の発表があり「最高inpact factor賞」を頂きました。予期していなかったので驚きましたし自分だけの力だけでこの結果を出すことはとても困難で、ご指導頂きました上級先生方、ご協力頂きました同僚、下の先生方、秘書さんに感謝御礼申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/14 22:22
謹賀新年2018
年末の2連続当直、4日から勤務開始後も夜通しの重症急患対応の疲労で口唇ヘルペスが出ています。今週末の連休で体調を回復させたいと思います。2018年の目標です。@研究費獲得A英語論文総数50本B主論文5本完成C前向き試験新規企画3件D下の先生方の教育指導体制の充実E司会業務の実施F講演業務の実施G基礎的研究も臨床症例にリンクさせて実施H総合内科専門医試験パスです。本年もよろしくお願いいたします。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/06 21:07
2017年反省
今年一年の目標を振り返ってです。@初の科研究費申請〇(結果は来年4月)A社会人大学院3年早期卒業〇B内視鏡安全リスクマネージャ新業務→発生した諸問題の対応で非常にストレスのかかる仕事でしたが、概ね納得の話し合いになりました〇C主研究論文4本作成→結果5本〇D英語論文数トータル20本→結果32本(IF100突破)〇Eパテンシー・大腸カプセル内視鏡装置の正式導入〇でした。今年は目標をすべてクリアすることができました。来年度もどうぞよろしくお願い致します。年末31-1日は48時間連続当直です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/30 22:14
公聴会
公聴会 年末勤務最終日に大学院医学研究科・医学博士号の学位審査公聴会でした。担当教授(主査・副査)から想定外の厳しい質問が30分以上続きましたが、一つ一つ確認しながら答えることが出来ました。あとは教授会での最終審査を待つのみです。副査の安田教授から「大きな研究を高跳びしていきなり目指すのではなく、小さな研究を一つずつ検証し証明することが大切で、まさにそれを実践した研究である」とコメント頂き嬉しかったです。2017年の業務(年末の当直業務を除く)がすべて終了しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/28 23:32
カプセル内視鏡新規装置の正式導入
当科のカプセル内視鏡の責任者を担当していますが、1年以上のレンタル期間を乗り越えカプセル内視鏡新規装置の正式導入が完了しました。1例1例の予約発注、紙伝票対応が必要でしたので、ようやく細々した業務から解放されました。検査の安全確実化に向けてクリニカルパスを作成して、外来・病棟・内視鏡センタースタッフと会議を綿密に行い、大学病院内の縦割り業務のなかで安全運営できますように準備しています。その過程でいろいろ思わぬ障壁・トラブル等が立ちはだかりプロセスは簡単ではないですが一歩一歩詰めていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/27 23:30
共著論文2017
今年2017年に執筆に関わりました共著論文です。ご参考にして頂けましたら幸いです。続きを見るをクリックして下さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/23 02:02
論文アクセプト
今年7月に提出していました論文がアクセプトしました。これで2017年の主研究論文が5本になり目標を達成することができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/22 23:55
早胃研12月(品川)
今年最後の早胃研12月の症例は@MPSASSA/Pと早期大腸癌の混在病変B腺窩上皮型の低異型度胃型腺癌CRLH(reactive lymphoid hyperplasia) 偽リンパ腫D食道MALTリンパ腫でした。なかなかタイトな勤務のなか毎回の参加は難しいですが、できるだけ勤務調整をしてこれからも参加して勉強していきたいと思います。本日は空港ホテルに宿泊し朝一番の6時台のフライトで関西に戻り通常勤務です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/20 22:10
2017年度土曜外来終了
本日で2017年度の土曜外来が終了し50名オーバーでした。外来で抗癌剤治療・IBDで生物学的製剤・対外循環療法(CAP療法)の治療を受けられる方の割合が徐々に増えてきております。また医学博士号の公聴会が12/28の勤務最終日に決まりました。今年も残り余日ですが公聴会のプレゼン準備と多施設研究倫理委員会申請2つとカプセル内視鏡クリニカルパス作成を年内に完成したいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/16 23:54
論文アクセプト
下の先生と担当しました原因不明腸炎の診断に難渋し、最終的に診断的治療をしてうまくいった症例の論文が、「J Crohns Colitis」にアクセプトしました。タイトルは「Induction of complete remission by azacitidine in a patient with myelodysplastic syndrome-associated inflammatory bowel disease.」です。ご参考にして頂けましたら幸いです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/14 23:15
南大阪IBDネットワーク(講演)
南大阪IBDネットワーク(講演) 本日は外来のあと堺に向かい地域連携の会にて講演させて頂きました。地域の先生方と直接コミュニケーションができ有意義な会でした。地域の先生からご紹介頂いた担当患者様の治療経過についてご報告させて頂きました。これからも責任をもってしっかり診断治療を行い病状が安定しましたら戻って頂くように努めていきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/09 23:55
研究会(診断読影+世話人会)
研究会(診断読影+世話人会) 本日は関西早期大腸癌研究会に参加しました。2例目症例の診断読影をさせて頂きました。概ね術前診断は病理結果と合致しておりました。会の後は世話人会に参加して来年度以降の会の運営について議論し終了しました。来年度に担当司会が当たっていますので頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/05 23:20
医局旅行
医局旅行 週末土日は淡路島洲本温泉に1泊2日の医局旅行でした。土曜の外来を午後4時に終えて淡路島洲本に車で向かい、乾杯の午後7時にギリギリ間に合いました。美味しい食事、温泉に入ってリラックスできました。今年もあと少しでラストスパートです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/03 23:06
症例提示
症例提示 クローン病と潰瘍性大腸炎の診断に迷う症例を提示させて頂きました。会場から様々なご意見を頂き大変に参考になりました。明日の土曜外来は予約の時点で50人を越えており時間との勝負ですが(午後3時に病院会計がクローズ)、患者さんの治療において一つでも好転する材料を提供できますよう頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/22 23:50
ダブルヘッダー(支部例会&結婚式)
ダブルヘッダー(支部例会&結婚式) 今日は朝から京都で消化器内視鏡学会近畿支部例会でした。指導した研修医のdrの発表があり、準備時間があまりとれませんでしたが、うまく研究発表してくれました。そのまま大阪に移動して、前病院勤務時に指導した当時、研修医のdrの結婚式にお招きしてもらい幸せをお裾分け頂きました。明日日曜は、近畿大学で来年度の入学試験が始まり試験監督業務です。良い試験環境が作れるよう努力したいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/18 20:17
3コマ授業終了
3コマ授業終了 本日で看護学校の授業が無事終了しました。「消化器の成人看護学」約500ページの授業内容で90分3コマですべてを教えないといけないので、要点をまとめるのがとても大変でした。スライドは1コマ約50枚で計150枚以上になりましたが授業時間内でなんとか終了できホッとしました。あとは無事に単位テストをクリアして頂くのみです。100人以上の学生さんがいますが、ほとんど雑談なく授業が遂行できたので助かりました。授業のあとに質問される学生さんも多く、皆さんとても熱心でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/15 23:30
内視鏡ライブセミナー
内視鏡ライブセミナー 本日日曜は終日、近大内視鏡ライブセミナーでした。今年の担当はチーフディレクターでした。予定外のことも起こり大変でしたが、4列並行の検査を即座に判断し、オンタイムの処置をモニターで観ながらとにかく先回りしてスケジュールを確認し、終了時間を予想してカメラを順番に切り替えていきます。神経をすり減らす仕事でクタクタになりましたが、無事に定刻通りに終わりホッとしています。これは大変良い経験になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/12 23:21
大腸肛門病学会(主題発表)福岡
大腸肛門病学会(主題発表)福岡 早期直腸癌の内視鏡治療・外科治療について主題発表させて頂きました。パネルディスカッションで活発な議論ができてよかったです。内科・外科治療境界病変に対しては内科だけで決して判断せず外科コンサルトは必須であると思いました。昼は大腸癌3次ラインの抗癌剤ロンサーフのランチョンセミナー、午後からはIBDの内科・外科治療のシンポジウムに参加して帰宅しました。日曜は近大の内視鏡ライブセミナーですので頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/10 21:48
共同研究論文パブリッシュ
京都第2赤十字病院河村先生主導で実施されました多施設研究「A comparison of the resection rate for cold and hot snare polypectomy for 4-9 mm colorectal polyps: a multicentre randomised controlled trial (CRESCENT study)」の論文が「GUT」にパブリッシュしました。私自身初めて多施設研究に参加させて頂き分担施設として責任を全うすることができました... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/08 00:42
論文パブリッシュ
「A case of small invasive gastric cancer arising from Helicobacter pylori‐negative gastric mucosa: Fundic gland‐type adenocarcinoma」のケースレポートの論文がJournal of Gastroenterology Hepatology Openにパブリッシュしました。近畿大学で初めて内視鏡治療・診断した胃底腺型胃癌の症例です。1例1例きっちり報告していきます。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/04 23:14
大阪和歌山消化器疾患カンファレンス(和歌山市)
大阪和歌山消化器疾患カンファレンス(和歌山市) 本日文化の日は和歌山市にて和歌山医大第2内科と近畿大学消化器内科の交流を目的として、近大から和歌山医大の主任教授になられた北野雅之教授主導のものと第1回大阪和歌山消化器疾患カンファレンスが行われました。消化管、胆膵、肝臓の3つのフィールドでの最新の発表報告と活発な討論が行われました。消化管分野で積極的に議論させて頂きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/03 23:26
UEG(Barcelona)
UEG(Barcelona) UEGでの初の口演発表でしたが無事終了しました。あっという間の持ち時間12分でした。今回、司会者がイギリス留学先のかつての上司に変更となっており、とてもラッキーで研究成果を聞いて頂くことができました。発表のあとにお褒めの言葉頂き日々の励みになりました。今週金曜祝日は和歌山医大と合同会議、来週は福岡で大腸肛門病学会で主題発表がありますので準備を進めたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/01 01:16
なんとか全て提出
10月は科研費申請、UEG(ヨーロッパ消化器病学会)の口演発表の予演会、抜き打ち監査の担当対応役、看護学部の授業、大学院早期卒業(学位申請)が重なりスケジュールがとてもタイトでしたが、締切ギリギリですべて提出できました。これからUEG(ヨーロッパ消化器病学会)にむけてスペインに向けて出発です。カタル―ニャ独立宣言・テロなどで情勢が安定していないため不安ですが、無事に発表が終わって帰国することを願って今から出発です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/28 09:01
科研費申請
科研費申請 今年の大きな目標の一つの科研費申請の締切が近づきました。科学研究費助成事業のことで、人文学、社会科学から自然科学まで全ての分野にわたり、基礎から応用までのあらゆる「学術研究」を格段に発展させることを目的とする「競争的研究資金」であり、ピアレビューによる審査を経て、独創的・先駆的な研究に対する助成を行うものです。調べると若手研究の応募枠に来年3月までが最初で最後のチャンスです。なんとか締切までに完成させて提出の予定です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/16 23:55
ブログ11周年&大阪信愛女学院で初授業
いつの間にかブログ開設11周年になりました。今週は大阪信愛女学院看護学部で初授業をさせて頂きました。大学では医学部5回生10人毎のグループに1時間の授業を行っていますが、今回90分の授業で100人以上の生徒さんの前でしたので緊張しました。無心でしゃべりまくり5分オーバーで終えることができました。仕込んでおいた笑い(オチ)のところも反応がよかったのでホッとしました。また再来週もありますので頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/04 22:40
外来
大学で毎週土曜日午前に消化管の専門外来を担当させて頂いております。最近は平均40人以上になり病院会計が閉まる午後3時いつもギリギリです。本日も46人の方でした。土曜は担当の医療クラークさんがおられないので効率が悪く、患者さんをお待たせするのが長くなりとても気の毒なところです。これは病院システムの問題ですが、改善できますよう少しずつ働きかけていきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/16 23:06
症例提示
症例提示 本日は下の先生と一緒に症例提示をさせて頂きました。実際に下の先生と一緒に担当した患者さんで診断困難な腸炎のため難渋し、最終的に患者さんに同意を得て診断的治療でうまく治癒した症例です。大御所の先生方からもコメントを頂きましたが経験のないパターンとのことでした。会場に来られた先生方が、同じ症状の治療の患者さんに少しでも参考になって頂ければと思います。引き続き1例1例きっちり煮詰めていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/13 23:18
非常勤講師依頼
非常勤講師依頼 大阪信愛女学院短期大学看護学科より非常勤講師のご依頼を頂きました。本年度より消化器分野全般の講義90分3コマを担当させて頂くこととなりました。現在は各分野の医療が発展し医学部卒業後の15年前と違って医学の情報量はとてつもなく増えております。今回、消化器全分野を270分ですべて教えるご依頼で、簡単ではないですが病気・病態の理屈を理解してもらって丸暗記に頼らない勉強ができる効率的な講義を目指して頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/31 22:26
班会議(東京)&ハンズオンセミナー講師(大阪)
班会議(東京)&ハンズオンセミナー講師(大阪) 8月中旬に入り猛暑が続きます。11日は東京のがんセンター中央病院での班会議に大学代表で1日出席しました。帰りは盆休みの帰省ラッシュに巻き込まれチケットを取得することができず、すし詰め状態の新幹線自由席で大阪まで立ち乗りでした。帰省ラッシュを甘くみていました。反省です。20日日曜は朝から豚・牛を使ったESDハンズオンセミナー講師を務めさせて頂きました。8月ですが、ボチボチの忙しさです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/20 23:53
招待発表(稀腸研究会)
招待発表(稀腸研究会) 会長の大川先生よりご推薦頂いて潰瘍性大腸炎経過中に腸管症型T細胞リンパ腫を発症した症例を発表させて頂きました。診断法についていろいろ会場の先生方と議論ができてよかったです。なかなかのマニアックさでありました。疑問に思っていたところも解決できてよかったです。今回は腸管のリンパ腫がテーマでしたが、診断困難な腸管リンパ疾患の診断・治療の経験値を増やすことができました。日々の臨床に活かしたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/08/05 23:19
UEGW2017 口演発表通過
UEGW2017 口演発表通過 左のメールが届きました。今年のUEGW(ヨーロッパ消化器病学会)ではじめて口演発表に選ばれました。今回で4回目の応募になります。目標の一つでしたのでとても嬉しかったです。時期は今年10月末で場所はスペインですが、患者さんの診断・治療にとって有益な良い研究発表になりますようまとめたいと思います。あとはテロが起きないことを願うばかりです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/06 23:32
共同研究論文パブリッシュ
ギリシャで毎年、招聘参加(現在まで計5回)させて頂いていますESDハンズオンセミナー関連の共同研究論文がパブリッシュしました。ハンズオンセミナーの有用性を示した論文です。日本発信の内視鏡技術が徐々に海外に広がってきております。海外で低侵襲な内視鏡治療が受けれる機会が増えてきていますので嬉しいことです。 論文のリンク先は次をクリックしてください。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/29 21:11
学会業務終了
学会業務終了 イタリアからの帰国便が急に欠航になり、慌てて違う便のチケットをなんとか購入でき、学会までに帰国することが出来ました。こういう事態は初めてで良い経験になりました。今日は朝から神戸ポートピアで内視鏡学会近畿支部例会でした。午前中は胃のセッションで司会、昼は評議員会、午後は後輩の主題発表のサポートでした。血液疾患に関連する胃病変のセッションで議論は難しかったですが無事終了しました。午後からの発表は、展開が難しかったようで、もう少し分かりやすい内容にすべきであったと反省です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/17 23:18
講演終了(イタリア)
講演終了(イタリア) イタリアでの20分の講演も無事終了しました。海外では日本と違いマシンガンのごとく質問されましたが、質問されたときに、もう少し気の利いたコメントができないものかといつも反省です。まだまだ余裕がありません。今週土曜は内視鏡近畿支部例会の司会と後輩の主題発表のアシストがありますので今から帰国します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/13 23:56
ハンズオンセミナー(講師)
ハンズオンセミナー(講師) 朝から夕方まで豚胃を用いたハンズオンセミナーでした。ゲストの和歌山医大から来られた井口先生のピロリ菌関連の講演はとても勉強になりました。今から大腸LSTの診断・治療についての講演のため、本日夜の便でイタリア・ローマに向かいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/11 17:55
論文アクセプト
潰瘍性大腸炎に合併した腸管症関連2型T細胞リンパ腫「A Case of Type II Enteropathy-Associated T-Cell Lymphoma in a Patient With Ulcerative Colitis」の論文がAmerican Journal of Gastroenterologyにパブリッシュしました。リンク先は次をクリックして下さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/08 23:02
DDW(シカゴ)&内視鏡学会総会(大阪)
DDW(シカゴ)&内視鏡学会総会(大阪) 5/6よりシカゴで開催のアメリカ消化器病学会週間(DDW)で研究発表、5/10に大阪に戻り内視鏡学会総会で主題で研究発表をしました。海外の先生から沢山質問を頂き嬉しかったです。これからも有益なインパクトのある研究結果が残せるよう努力していきたいと思います。あとは週末土日は終日、専門医・指導医資格の更新で必須の内視鏡セミナーとC-PAC多施設研究、Enhanced-JED会議に参加して学会期間はあっという間に終了です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/11 23:10
早胃研4月(品川)
4月の症例は@大腸粘液癌A肛門管癌B転移性胃癌(乳癌)C低異型度完全腸型胃癌D表在型食道癌でした。なかなかタイト勤務のなか毎回の参加は難しいですが、できるだけ勤務調整をしてこれからも参加して勉強していきたいと思います。朝一番の6時台のフライトで関西に戻ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/26 23:37
社会人大学院3年目
社会人大学院3年目を迎えました。早期修了を目指して研究内容をまとめていきたいと思います。仕事面では内視鏡センターのリスクマネージャーになり、医学生の授業も担当することになりました。今年は新たに初期研修卒業の先生が7名と中途入局の先生が3名入局されました。一歩一歩教育指導を進めていければと思います。5月連休はアメリカ消化器病学会(シカゴ)、日本内視鏡学会総会(大阪)での研究発表、附置研究会の症例スライドの作成で今回は連休はありませんが頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 23:58
学会発表・カプセル内視鏡セミナー(名古屋)
名古屋で開催された消化管学会で大腸内視鏡治療後のサーベイランスについての主題発表と翌日のカプセル内視鏡セミナーに参加しました。発表についてはとても議論が盛り上がり白熱しました。最終的にセッション内で優秀演題候補になり審査待ちです。今年5月にアメリカDDWでさらにバージョンアップして発表予定ですので頑張ります。カプセル内視鏡についても最先端の研究についてup-to-dateできました。新たなカプセル内視鏡のリサーチを数件立ち上げる予定です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/19 23:03
ギリシャ 国際ハンズオンセミナー(講師)
ギリシャ 国際ハンズオンセミナー(講師) 2月3日-4日にギリシャ・アテネで開催された第5回国際内視鏡ハンズオンセミナーに講師として参加しました。今回で5回目になります。参加者は30人/日×2日間で約60名程度になります。毎年参加される先生もおられて技術レベルの向上が分かりました。ギリシャではLiveのブタを用いてされるのでより実践的に学べます。朝9時〜午後6時までと長丁場ですが、あっという間の2日間でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/06 23:11
大阪IBDカンファレンス(症例提示)
現在治療進行中のMDS関連腸炎(トリソミー8なし)の症例を提示させて頂きました。私自身の経験もはじめてで稀な病態ですが、各施設でも数例程度の経験でした。今後の治療について議論しましたが、高齢のため根本的治療の骨髄移植や抗癌剤治療が困難のため積極的治療が難しいですが、対症療法中心に症状が改善するようできうる治療範囲で進めていく結論になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 22:05
大腸内視鏡挿入セミナー(講師)
大腸内視鏡挿入セミナー(講師) 約20人くらいの参加者で、小グループに分かれて正午から夕方まで指導させて頂きました。患者さんが苦痛のでない大腸挿入法である軸保持短縮法を中心に勉強して頂きました。腸を折りたたんで挿入していく感覚をモデルを使ってマスターして頂きました。後半には皆さんスムーズに挿入されていました。明日からの診療に役立って頂けましたら幸いです。次は2月2日から内視鏡治療の講師でギリシャ出張です。さらなる良い指導ができますよう頑張ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/22 23:04
大腸カプセル内視鏡読影セミナー
大腸カプセル内視鏡読影セミナー 今日は新大阪で朝10時から午後5時までみっちり勉強しました。大腸内視鏡検査が、癒着などで苦痛が強い方など検査実施困難なケースが主な適応になります。前処置はまだまだ検討段階です。当施設でも独自メニューで試行錯誤中です。カプセル内視鏡はこれからの大腸スクリーニングの検査ですが少しずつ当院でも進めていきます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/15 21:33
論文アクセプト
大腸小ポリープ内視鏡治療のコールドポリペクトミーとホットバイオプシーの前向きランダム比較試験の論文がパブリッシュしました。私自身、大学院に入学して初めての前向き検証研究で大学院の学位論文になりました。また現在同時にコールドポリペクトミー手技に関する多施設研究が2件走っていますのできっちり遂行していきたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/14 23:49
大阪胃研1月
今日の症例は@リンパ管侵襲高度の低分化腺癌AAL型アミロイドーシスBCMV小腸炎Cランタン沈着の胃・十二指腸粘膜でした。Bに関しては十二指腸の白色絨毛粘膜がCMV所見に合致せず、別の疾患の存在が疑われました。レクチャーは関西労災の太田先生で抗血栓剤服用中の大腸ポリープ治療の講演でした。非常にコンパクトにまとめられていて分かりやすかったです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/11 23:19
謹賀新年2017
明けましておめでとうございます。今回の正月休みはほとんど当直業務で終了しました。幸い関わった患者さんの状態は皆さん経過良好です。ところで今年の目標を掲げます。@当施設に来て論文を数本書けたので研究費申請(大目標は初の科研費AMED申請)A今年度(H29)は社会人大学院3年目で早期卒業準備B内視鏡安全リスクマネージャの新業務C主研究論文4本作成D英語論文数トータル20本越えEパテンシー・大腸カプセル内視鏡検査装置の当院導入です。今年もどうぞよろしくお願い致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/03 23:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

Komeda Y Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる